基本的な機能

クラウド管理を行なえば会社の情報を大勢に共有出来る

クラウド管理はどこで行われている?

クラウドとはサーバーやインターネット上の空間になります。そのためクラウド管理で保存しているデータなどは、基本的に会社内のサーバーに入っています。別業者に依頼して管理している企業も多いですよ。

クラウド管理で情報共有

オフィス

クラウド管理で共有

クラウド管理は社内の様々な情報を他部署に共有することが出来ます。また、共有フォルダを作成しておけばいつでも社内連絡が行えるので情報連絡の作業を効率よく行えるようになります。

クラウド管理のメリット

クラウドでデータを管理することで、パソコン本体の保存容量を気にする必要がなくなります。業務を行なっていくといろいろなデータを保存していく必要があるのですが、詰め込み過ぎるとデータを破損させてしまう恐れもあります。

アカウント作成でアクセスが楽に

アカウントを作成したり、設定することで場所を問わずアクセスすることが出来ます。スマートフォンやタブレットでもデータを管理出来るようになるため、利便性が向上するのです。

パソコンの不具合に影響されない

パソコン本体が不調でデータが読み込めなくなることも多少あります。しかしクラウド管理では本体に依存して不具合を起こすことがほとんどないので安心して業務に取り掛かることが可能になります。

広告募集中